2009年06月11日

10万円クリーム

こんなに不況不況といわれているのに10万円もするクリームが売れている。

資生堂やカネボウのの12万円もするクリームや

コーセーの9万円クリームもリーマンショック以降も

売れ行きは変わらないようだ。

「きれいになるためならいくらでも出す」

「一度使うと安い化粧品は使えない」

という意見が多い。

やはり美を意識する50代から70代の女性が7割を占め

纏め買いする方もいる。

20代から40代でも使う方が3割。

資生堂も百貨店専用ブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」から

12万6000円のクリームを08年9月に発売。

発売後、まもなく不況に直面したものの、その影響を受けず、

順調に伸びているようだ。

年齢に関係なく、化粧品への投資意欲の高い女性が使っている。

posted by Y at 11:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。